一番大事な保湿成分はこれ!スキンケアのための化粧品

スキンケアの要ともいえる「保湿」。
ただ保湿といってもいろいろと成分があり、それによってお肌への働きも大きく変わってきます。

今回は、スキンケアに大切な保湿成分の種類、おすすめのスキンケア化粧品をいくつかお伝えしていきたいと思います。
更新日: 2017-12-18 11:07:31 UTC
page view
33
【基本】スキンケアの方法と基礎化粧品の選び方

【基本】スキンケアの方法と基礎化粧品の選び方

https://hadalove.jp/base-skincare-11846
基本的なスキンケアの役割は、乾燥・摩擦・紫外線などの外部刺激からお肌を守り、肌のうるおいを保つこと。

⑴クレンジング
メイクや日焼けどめなどの油溶性の汚れを落とします。

⑵洗顔
ほこりや汗、皮脂など水溶性の汚れを落とすことといわれています。

⑶化粧水
肌に保湿成分や美容成分を与え、次に使う美容液やクリームをなじみやすくします。

⑷美容液
それぞれのお肌が必要とする美容成分を角質層に届けることです。

⑸乳液
お肌の水分を保持するためのものですが、保湿化粧水や保湿美容液を使っていれば必要ない場合も。

⑹クリーム
お肌の水分を蒸発させないようにするためのものとされていますが、皮脂分泌量が多い20代前半ころまでは使わなくても良い場合も。

これらスキンケア用の化粧品は「基礎化粧品」とされています。

最近は基礎化粧品をひとまとめにした効果を持つ「オールインワンジェル」もあり、これがあるとスキンケアが格段に楽になりますよ。
スキンケアの基本!正しい方法と基礎化粧品の選び方~ライン使いまで | 美BEAUTE(ビボーテ)

スキンケアの基本!正しい方法と基礎化粧品の選び方~ライン使いまで | 美BEAUTE(ビボーテ)

https://www.bibeaute.com/article/186091
上記サイトでスキンケアの方法をくわしく解説してくれています。

基礎化粧品の正しい選び方も学べますので、スキンケアを極めたい方はぜひご覧ください。
スキンケアの理解が深まる化粧品成分の一覧解説《随時更新》 | アンチエイジングの神様

スキンケアの理解が深まる化粧品成分の一覧解説《随時更新》 | アンチエイジングの神様

https://antiaging.akicomp.com/?p=6440
こちらのサイトはスキンケア用の化粧品に使われている成分について解説してくれています。

化粧品によって使われる成分、またその効果も様々です。

その中でも重要とされる成分の一部をご紹介しますね。

⑴ビタミンc誘導体
肌へ吸収されにくいというビタミンCの弱点を改善したもの。色素沈着の防止やシミを薄くするなどの美白効果があります。

⑵コラーゲン
老廃物の排出、美肌・育毛・バストアップ効果があります。

⑶ヒアルロン酸
肌の保湿、シワやたるみの予防に最適な成分です。エモリエント成分(油分)との組み合わせでより高い保湿および角質柔軟効果が得られます。

⑷セラミド
角質の水分を保持する働きを持ち、お肌のバリア機能を高めます。特に「ヒト型セラミド」はスキンケアにおいてかなり良質な成分とされています。
化粧品・コスメ・スキンケアならDHC

化粧品・コスメ・スキンケアならDHC

https://www.dhc.co.jp/sph/goods/catop01.jsp
DHC化粧品はなんと900点をこえる品揃え。
年齢、お肌の悩み別に様々なスキンケア化粧品をご用意しています。
ここならあなたにピッタリなスキンケア化粧品がきっと見つかるはず!
スキンケア|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

スキンケア|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

https://www.orbis.co.jp/mid/110/
100%オイルカットのスキンケア化粧品がウリのオルビス。
敏感肌で化粧品についてあまり詳しくないって人は、とりあえずオルビスという選択肢もアリ。
スキンケア・基礎化粧品総合情報 -@cosme(アットコスメ) Beauty Tag -

スキンケア・基礎化粧品総合情報 -@cosme(アットコスメ) Beauty Tag -

http://s.cosme.net/tags/item/item_id/800/top
他にもいろんなメーカーのスキンケア化粧品が知りたい!という方はこちらのサイトがおすすめ。

たくさんの化粧品メーカーの製品の口コミを見ることができますし、その他自分にピッタリなスキンケア化粧品をチェックすることもできます。

ぜひあなたのお肌にピッタリなスキンケア化粧品を探し出してくださいね!