目の疲れ・視力低下を予防!効果抜群の市販目薬リスト

「最近、新聞の文字がぼやけて見えにくい…」

「ドライアイのせいか、目がすぐに痛くなるし、視力も落ちてきたような気がする…」

はい、そんなあなたの為に。
市販で手に入れる事ができる視力低下を予防できる目薬について調べてみました。

目の不調、かすみ、ぼやけにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。
更新日: 2017-12-04 04:12:21 UTC
page view
5633
市販の目薬で視力回復するって本当?ムチンという成分について解説

市販の目薬で視力回復するって本当?ムチンという成分について解説

http://www.nguoimauthoitrang.net/eyesight01.html
まず、視力回復に効果的な成分が「ムチン」。
目の表面を構成する粘膜でもあります。
このムチン層の構成を促す事が視力回復のヒントとなるようです。
特にドライアイの人はムチン層が崩れやすく、角膜の表面が傷つきやすい為、視力低下しやすくなっています。

「ムチン」はまさに視力低下の予防にうってつけというわけです。

「ムチン」入りの目薬はある事はあるのですが基本眼科でしか処方してもらえないものがほとんどで、市販での入手はできないのが現状のよう。
なんと目薬だけで視力回復(近視、乱視、老眼)トレーニングも手術も不要 - NAVER まとめ

なんと目薬だけで視力回復(近視、乱視、老眼)トレーニングも手術も不要 - NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/m/odai/2141001500890495101
上記サイトにて、ムチン入りの目薬や視力低下の原因や予防方法について解説してくれています。

視力低下の原因が「涙のデコボコ」だったなんて初めて知りました!
これが「ドライアイ」に繋がるのですね。

目の表面を均一な涙で潤すことで物が見えやすくなるようです。
年齢などによる眼疲労、かすみ目に。高機能眼科用薬「Vロートアクティブプレミアム」新発売 | ロート製薬株式会社

年齢などによる眼疲労、かすみ目に。高機能眼科用薬「Vロートアクティブプレミアム」新発売 | ロート製薬株式会社

http://www.rohto.co.jp/news/release/2017/0912_01/
「ムチン」入りの目薬の場合、眼科でしか処方してもらえないため入手が少々面倒です。

なのでここからは、市販でお手軽に手に入れられる視力低下の改善・予防にアプローチしてくれる目薬を紹介していきますね。

① Vロートアクティブプレミアム(ロート製薬)

→年齢などによる眼疲労、かすみ目に効く高機能眼科用目薬。

涙の質や安定化の為のビタミンAと、代謝促進成分のタウリンを、一般用眼科用目薬に許される最大量で配合。
眼疲労時に低下する視覚機能の再活性化成分によりピント調節へアプローチします。

視力低下や眼精疲労を改善するすさまじい効果はtwitterでも拡散されたほど。
サンテ ボーティエって?? | 人の心理と黙示録

サンテ ボーティエって?? | 人の心理と黙示録

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/psychic-1/entry-11804582177.html
②サンテ ボーティエ(参天製薬)

→香水のようなボトルにローズの香りの女性向けな目薬。
瞳の細胞を新しく生まれ変わらせる「ターンオーバー」を促し視力低下を予防してくれるタウリン、角膜を保護・保湿するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムなどの5つの成分を、一般用眼科用目薬に許される最大濃度で配合しています。
ちなみに無香料のコンタクト用もありますよ。
ロート養潤水αを使ってみた!効果は?レビュー感想!

ロート養潤水αを使ってみた!効果は?レビュー感想!

http://shiritai-koto.net/?entry=132
③養潤水(ロート製薬)

→ おやすみ前の一滴で瞳に栄養と潤いを与え、日中に酷使した目の疲れを眠っている間に癒せるというもの。

L-アスパラギン酸カリウムによる目の細胞呼吸促進や、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムによる角膜表面保護の働きにより視力低下を予防します。

保湿能力の高いヒアルロン酸も配合されているので、ドライアイや結膜炎にも効果がありそうですね。
【疲れ目】PC・スマホから目を守れ!視力の低下を防ぐ7つの方法 - NAVER まとめ

【疲れ目】PC・スマホから目を守れ!視力の低下を防ぐ7つの方法 - NAVER まとめ

https://matome.naver.jp/m/odai/2136819898459855201
最後に、視力低下を予防する方法を解説してくれているサイトを紹介しておきますね。

大切なのは、適度に目を休ませてあげて酷使しないこと。
メガネやコンタクトを使っている人は、正しい装用方法を守ることも大事です。

あと、目薬のさし過ぎにも注意しましょうね。